はままつシャツ〜遠州綿紬〜

今秋から、また新しい仲間が増えました。

新入荷した「はままつシャツ」のご紹介です。

 

切り替えが愉しいメンズシャツ。(26000円・税別)

 

浜松、といえば・・

「浜松餃子」餃子「ヤマハ」や「ホンダ」「スズキ」バイクなどが

ぱっと思い浮かびますが、

伝統産業のひとつが「遠州綿紬」なんですね。

 

江戸時代より盛んに織られていた木綿の縞や絣の織物で、

現在の主流は洋装用の広幅生地にとって替わっています。

 

そんな中で、伝統織物である綿紬の反物生地で仕立てられた

「はままつシャツ」は

地元のグループで立ち上げられたご当地シャツで、

ここにご紹介しているのは

まとめ役の水野サエコさんの手作りブランド

「DM.Sae」の作品です。

 

 

一昨年、当店のお隣のギャラリーで東京ではじめての

「はままつシャツ」展を催されていたご縁で、

今秋より本格的に販売させて頂くことになりました。

 

配色が美しいメンズ・コラージュ シャツ。(26000円・税別)

 

製品は全て水野さんによるデザイン、仕立てで、

縞や絣など伝統生地を上手く組み合わせた

とってもオシャレな作品です。

 

 

女性ものもあり、サイズ変更、生地の載せ替えなど、

オーダーメイドも承っています。

 

こだわりの日本の素材(遠州綿紬)で

ご自分だけの愉しい服作りをしてみませんか?

 

是非、店頭でご覧下さい。

| 工房 徳元(TOKUGEN)ショールーム | 19:05 | comments(0) | - |
藍染め誂え パターンオーダー日記

今日のオーダーのご紹介は

藍染めが大好きなお客様S様のご注文で

備後・藍木綿のカツヲ縞で作った「二部式着物」です。

 

 

二部式はお着物を上着とスカート(腰巻き部)に分けて着る

簡易的でとっても楽ちんなお着物です。

 

普通はおはしょりが無く、

上着を作務衣のように上に出して着ますが、

着方によっては帯を結び

お着物と同じように見せる事ができます。

 

洋服感覚で簡単に着られるので、普段のお稽古着や

ちょっとした外出着にとっても便利です。

なんといっても気軽に和装を楽しむことができるのが良いですよね!

 

S様は大正ロマン風に革靴でご着用されますので

同素材の藍木綿のベルトと細紐をお作りしました。

洋服感覚でお召しになってもすごく素敵です。

 

徳元製 正藍染大島・縞もの(正絹)。 色の濃淡が美しい。

 

当工房には大島紬、備後・木綿、近江ちぢみなど

常時いくつかの反物がございます。

 

縞大島のヤタラ絣。大島でもお手頃なお値段です。

 

老竹色のチラシ亀甲。男物ですが、女性がおめしになっても素敵。

こちらもヨコ絣なのでお手頃です。

 

あまり高価な反物ではもったいないので

普段にも着られる手頃なもので十分かと思います。

本格的な藍大島はこちら  http://tokugen.co.jp/item/artcraft.html

 

私もお嫁に来たときに義母から大島紬を一反譲り受け、

はじめての和裁で二部式を教えてもらい、

見よう見まねでなんとかかんとか完成させました。

懐かしい思い出です・・。

 

忙しいお正月など、お着物でしずしず・・とはいかないもの。

でも、たまにはお着物を味わいたい、と言うときには

これが本当に気楽で良いです。

 

、、、といっても私も最近めったに着物を着ていませんが・・。

来年のお正月には頑張ってお着物着ようかな?

| 工房 徳元(TOKUGEN)ショールーム | 16:32 | comments(0) | - |
秋のお知らせ

ひと雨ごとに朝晩涼しくなり、秋の訪れを感じる季節となりました。

 

お彼岸を前に谷中も幾分か静かなこの時期、

お客様に秋のDMをお出ししました。

 

 

ショールームには、日本各地の機場や工芸作家の方々から

ストールや洋装など秋の新作が届いています。

 

色づき始めた森の木々や草花・・・

藍や柿渋などで染められた自然の色彩をお楽しみ下さい。

 

写真掲載商品 (価格は全て税別)

ジャケット / 備後・柿墨染め  35,000円 ブラウス / 近江ちぢみ・綿麻  15,000円

パンツ / 備後・柿渋藍染め  16,000円 スカーフ / 織工おきぬ・絹  9,000円 

 

他にも、藍染めの新作もたくさんご用意しております。

 

 

9〜10月のこの時期、谷中はお墓参りと、美術館、

また、「芸工展」などのイベントで賑わいます。

当工房は今年も「芸工展2016」に参加し、

季節の企画展を予定しています。

また追ってお知らせ致します。おたのしみに!

 

秋の散策がてら是非お店にもお立ち寄り下さい。

皆様のお越しをお待ちしております。

| 工房 徳元(TOKUGEN)ショールーム | 19:34 | comments(0) | - |
夏のオーダー色々/ パターンオーダー日記

お盆休みに入りました。

連日猛暑が続いていますが

この夏の間に頂いたオーダーの中から

いくつかご紹介させて頂きます。

 

昨年、近江ちぢみでお作りになったものが気に入られて

今年は楊柳の白絣でご注文頂きました、K様のご主人のシャツ。

 

 

白地に藍の絣模様。実際とても涼しく感じられる生地です。

(備後木綿 100%)

 

 

 

同じく楊柳木綿のチュニックシャツ。(備後木綿100%)

小柄なG様のためにギャザー下の丈バランスを変えてあります。

 

 

 

スマートなA様のご注文は袖のデザインがたのしいワンピース。

グレーシャンブレーの近江ちぢみで。(麻100%)

 

 

 

同じくA様のご注文は上のワンピースにも羽織れるブラウスジャケット。

かぶりのデザインを前あきに直しました。

生地は黒と紫に織り分けられた洒落た近江ちぢみです。(麻100%)

 

 

 

近江ちぢみ・タテ絣のワンピース。(麻100%)

K様の身幅に合わせてお直ししました。

 

 

本格的な近江ちぢみの反物の生地から作ったドレスシャツ。

体格の立派なN様のオーダーです。(麻100%)

 

 

 

細かいギンガムチェックの白黒生地は

近江ちぢみの反物から。(綿50%麻/50%)

SサイズのO様は昨年もこの形で色違いをオーダー頂きました。

 

 

他にも色々ありましたが、皆様それぞれ工夫をして

夏を少しでも涼しく、快適に過ごせるおしゃれを実践していらっしゃいます。

こちらもとても勉強になります、ありがとうございます。

 

| 工房 徳元(TOKUGEN)ショールーム | 18:34 | comments(0) | - |
夏はやっぱり麻がクール!「近江ちぢみ」

Summer Collectionから「近江ちぢみ」(伝統工芸品)をご紹介。

(夏物の最終入荷です。)

 

日本の蒸し暑い夏には、最高にクールで

一度着たら、その涼しさに手放せなくなる

「近江ちぢみ」のお洋服はいかがですか。

 

ちぢみ=縮みの名の通り、生地に付けられたシボが特徴、

肌と生地の間に空気の通り道を作るので涼しいのです。

 

 

このワンピースはちょっと贅沢、

伝統工芸品「近江ちぢみ」の着物地を使用。

グリーンと黒(薄い)のチェック柄。(綿/ 麻 50%/50%)

ウエストを付属のリボンで絞っても、そのままでも着ていただけます。

 

 

 

大きなチェック柄の反物もワンピースのように大きく使うと

インパクトがありますね。(綿・麻 50%/50%)

風が通ってめちゃくちゃ涼しいです。

 

 

 

フレンチスリーブ、ギンガムチェック(黒)のブラウス。

こちらの生地も着物地の綿・麻の生地です。

 

 

白いパンツと合わせるのも素敵です。

 

他にも麻100%の赤・白のシャンブレーのちぢみの反物から

 

 

他にも色々な生地でお作りしています。

生地をお選び頂いてサイズオーダーも出来ますので

この夏の間に是非一度ご覧下さいませ。

 

| 工房 徳元(TOKUGEN)ショールーム | 17:35 | comments(0) | - |
白い備後絣

暑い夏にこそ着てみたくなる、白。

目にも涼しい夏ならではの一着をご紹介します。

 

 

絣は紺地が一般的ですが、白地に濃紺の絣糸使いもステキです。

 

備後の白地絣。糸も強撚糸の楊柳で、肌触りがとっても良いです。

 

大胆な絣使いが楽しいチュニックワンピース。

 

| 工房 徳元(TOKUGEN)ショールーム | 21:10 | comments(0) | - |
盛夏の装い

7月も後半に入り、梅雨も終盤。

本格的な夏の訪れももうすぐです。

 

さて、2016 盛夏の装い・summer collection のご案内です。

 

 

今年の盛夏のオススメは、

毎年好評、麻のクールな感触が心地よい「近江ちぢみ」。

 

白い絣が涼しそうな楊柳の「備後絣・木綿」。

 

本藍の「ぼかし染め」や、「かご染め」など。

 

着心地の良い夏の装いを取り揃え、

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

 

*お得意様にDMハガキをお出ししました。

写真の商品は白地の楊柳地、備後絣・木綿のセットです。

 

それから夏の休業日のお知らせをさせていただきます。

 

8月は、定休日の他に

8/17(水)・18(木)・24(水)・25(木)・31(水)

をお休みいたします。

 

どうぞお間違えのないようお出かけくださいませ。

 

| 工房 徳元(TOKUGEN)ショールーム | 17:52 | comments(0) | - |
板締絣(いたじめかすり)のストール by たかしょう さん

梅雨の晴れ間に、強烈な陽射し。

夏の太陽を感じさせる1日でした。

そんな季節に、新入荷のお知らせ、目にも涼しい藍染めストールです。

 こちらは伝統工芸品に指定されている「村山大島紬」の

「絣板」(かすりいた)を使用した絹100%の

「板締絣(いたいじめかすり)ストール」。

ご縁があって、先月埼玉県入間市に在る

染織工房「たかしょう」さんにお邪魔して

素晴らしいストールの数々を拝見し、

是非、うちのショップでも扱わせて頂きたいとお願いしました。

絣板(かすり板)は元々、村山大島の絣糸を染める為に考案されたものですが

生産量が減少してしまった今では

大量に彫られたこの板を廃棄してしまっているのだそうです。

村山大島協同組合では、この板を上手く利用して

糸の代わりに布を締め、藍で染めて

これらの複雑な模様染めを生み出すことを考えられました。

板へ挟み込む布のたたみ方などで

限りなく複雑な模様染めが出来るので

それこそ同じ物はふたつとない一点物です。

第1弾目は入荷後殆ど完売したので、追加を入れてもらいました。

価格は絹100%で、5000円〜18000円位まで。

どれも涼やかな薄藍です。

陽射し避け、冷房対策に

シルクの天然素材が肌に気持ち良い、夏のお勧め品です。

| 工房 徳元(TOKUGEN)ショールーム | 19:27 | comments(0) | - |
パターンオーダー日記 備後生地 夏のシャツなど
6月に入り、やはりきちんと梅雨入りしましたね・・。(-.-);

はっきりしないお天気が続き、
晴れると蒸し暑さも出てきました。
なにかと不快なこの季節、せめて気分転換に、
着る物でこざっぱりするのはいかがでしょう?

このところ展示会で忙しく、
パターンオーダー日記の更新が出来ませんでしたが、
その中でもいくつかお知らせしたいと思います。




ひとつ目は備後・あかね染めのチュニックブラウス。
鎌倉にお住まいのT様のご注文です。
サイズ変更でお作りしました。
この生地、春夏向けでと〜っても肌触りが良いです。




紳士物は近江縮みの麻100%のシャツ。
古くからのお得意様のT様のご注文です。
黒×白シャンブレーの陰影のあるグレー地が渋い大人のシャツです。




同じく紳士物、H様ご注文の備後紺ハケ絣のシャツ。
見た目にも涼しいうす藍のハケ柄です。




山梨にお住まいのD様のご注文は
備後生成り地のカーディガンジャケット。
冷房の効きすぎで身体を冷やさないように。
スラブ糸の凹凸が美しいシンプルなデザインです。
見返しはうす墨の配色で上品に。


  

新しいお客様のA様は無類のベスト好き、とのこと。
本麻100%の近江縮みの生成り地一色で。
とにかく涼しい!!生地です。夏には最高〜!




T様のサイズオーダー7号クラス。
備後・薄墨のノーカラージャケットです。
見返しにストライプを配色しています。


その他にもベスト、パンツ、ワンピースなど色々ありましたが・・。

現在制作が追いつかない感じになってきましたが、
これら製品を陰で支えてくださっている
縫製の職人・Fさんの工房が
とにかく一生懸命頑張ってくれています。
感謝、感謝です!


6月後半は「近江縮み」特集で
まだまだ夏のおたのしみが盛りだくさんです!
| 工房 徳元(TOKUGEN)ショールーム | 20:40 | comments(0) | - |
パターンオーダーでOnly Oneのお気に入りを作ろう
今日は当工房のお洋服のオーダー(注文制作)についてお話したいと思います。



洋服を選びにいくと、既製服の場合よくあることですが、

「デザインその他は気に入った。きっと私に似合う!と思う、、が、
 試着してみたら、きつくて入らない・orz→サイズ無い場合あきらめる(ToT);」
 これはよくあるパターン(この反対も)です。
 また、
「すごく気に入ってるんだけど、もうちょっと丈が長いと良いのになあ・・」
「デザインは気に入ってるけれど、もう少し明るめの色があれば・・」
「襟やポケットの細部はこうしたいんだけど・・」・・などなど・・。

既製服の場合は「サイズ詰め」くらいの変更しか効かないので、
大抵の場合は結局どこか妥協して購買してしまうことが多いと思います。




いわゆる注文服は、オーダーメイド、カスタムオーダー、ビスポークテーラー、
などと呼ばれていますが、
本格的なものになればデザイン、お仕立て、仮縫いなどに
それぞれ料金がかかり、かなり高額になりますし、
普段着るカジュアルなものでは割に合わない、ということになりそうです。

また、そもそもカジュアルな日常着をオーダーしてくれる
お店は割と限られていると思います。




当工房では主に藍染めなどの天然染織生地や、
日本各地の工芸生地を中心に扱っていますが、
お店に並ぶ全ての商品を国内の職人さんの手で
1点づつ作製していますので、
お客様のサイズや生地など、お好みに合わせたパターンオーダーが可能です。




当工房のパターンオ−ダーは、
オススメの工芸生地とオリジナルデザインの中から
お好きなものをお選び頂き、
お客様のサイズに合わせてお仕立てしていく、というものです。
詳しくはこちら



出来上がり待ちのオーダー表です。京都や長野のお客様もご注文下さっています。
今のところ仕上がりまでに平均2~3週間です。

1点づつ作製するのは店内の製品とほぼ同じ行程なので
パターン変更が殆ど無ければオーダー代というものは特に頂いておりません。
大幅にサイズやデザインを変更する場合のみパターン作製代としての費用がかかります。(約2000円〜1万円位)
(サンプルと生地ちがいの場合、お値段の上下があります。
 仮縫いは別途料金。全てお見積もりをしてから決定して頂きます。)


 

カジュアルなシャツやボトムスから本格的なワンピース、コートに到るまで、
日本の伝統に培われた工芸生地と職人の手仕事で
あなただけのオリジナルな一点を作ってみませんか。

 
| 工房 徳元(TOKUGEN)ショールーム | 12:14 | comments(0) | - |
Page: 3/5  << >>

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Profile

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

Mobile

qrcode