Entry: main  << >>
晩夏・初秋の装い

お盆を過ぎて昨日から急に気温が下がりはじめ

朝晩とてもしのぎやすくなりました。

 

 

まだ台風が近づいていたり

猛暑の日もあるかと思いますが、

一度この爽やかさを味わうと、

装いの気分は一気に秋のムードに。

 

 

秋の色目やちょっとしっとりした

肌触りのものが恋しくなります。

 

小物やスカーフなどに秋の素材や色目を取り入れて

この長すぎる酷暑に早くおさらばしたいな〜

気分だけでも涼しい季節にシフトしたいですね(^^);。

 

 

上の写真は近江ちぢみの経緯絣の上布。

深い焦げ茶色が渋い着物地です。

 

シンプルな細かい十字絣。

織工おきぬさんの絹の植物染織のストールと合わせて。

 

 

柿渋の絣模様が可愛い備後絣のワンピース。

しっとり感のある木綿が肌に心地よい。

桐生の本染め工房さんの柿渋ストールとあわせて。

 

 

同じく備後絣の藍染め、伝統的なのに大胆な柄。

倭工房さんの蘇芳(スオウ)染めのシルクスカーフと

谷喜和子さんの赤い箔のペンダントをアクセントに。

はっとするほどきれいな落ち着いた赤です。

 

 

小林由紀子さんのポーチとデンマーク刺繍のブックカバー新作。

柿渋やザクロ染めの秋色を藍染と組み合わせて。

 

 

素材は近江ちぢみの麻ですが、ストールに秋の色目を入れて。

織工おきぬさんの絹100%の手織りです。

 

来週は通常通りの営業ですが、

26日(日曜)から31日(金曜)まで約1週間

遅い夏休みを頂きます。

 

どうぞ少しでも凌ぎやすい日には、

秋の色を探しに谷中のお店までお運びくださいませ。

 

| 工房 徳元(TOKUGEN)ショールーム | 17:31 | comments(0) | - |
Comment