Entry: main  << >>
2019 Summer Greetings

7月も半ばになりましたが、気温も低めで梅雨らしいお天気が続いています。

暑すぎるのも大変ですが、やはり夏は夏らしいお天気の空が待ち遠しくなります(^^)。

 

お客様に夏のご挨拶をお出ししました。

今年は日本の代表的な「ゆかた」地を取り上げてみました。

 

 

伝統的な伊勢型紙を使った長板染めの浴衣地です。

 

 

*伊勢型紙は柿渋で張り合わされたを張った美濃和紙に、

手仕事の彫刻刀で図柄を彫り作られています。

*長板染めは染めの技法のひとつで、 長板に生地を敷きのばし、

型紙をあてて糊をへらで置いて糊防染してから染められます。

 

浴衣地と藍染、麻生地をあしらったトートバッグ。

Fil a Coudre / 後藤文子氏製作

 

紺地の花柄。遠州綿紬との組み合わせ。

 

生地は綿絽と紅梅織り、両者とも透け感、凹凸のある

夏の代表的な浴衣生地です。

 

小花柄の紅梅浴衣地に備後藍染め綿麻を組み合わせて。

 

浴衣地の特徴はとにかく着用感が涼しい、

色柄のデザインを楽しめる、

お手入れも簡単、、、などなど。

 

 

可憐なスイトピー柄、綿紅梅地に備後藍染め地。

 

 

無地の藍染めパンツと合わせて。

綿紅梅地に薄あかね色の花が印象的。

 

薄手の綿紅梅地に葡萄のつる柄。

 

江戸時代から愛されてきた型染の柄はどれもデザイン性が高く

構図や配置も良く計算されていて見事なものが多いです。

 

浴衣そのものでお召しになるのも勿論素敵ですが、

こんな風にブラウスやワンピースにあしらった服なら

普段のデイリーユーズにお使いになれますよね。

 

是非一度店頭でご覧いただければ幸いです。

7月はカレンダー通りの営業です。(月・火定休 日祭日オープン)

 

| 工房 徳元(TOKUGEN)ショールーム | 18:32 | comments(0) | - |
Comment








Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Profile

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

Mobile

qrcode