芸工展2018 参加企画 日本の工芸生地でつくる服

10月は毎年恒例の谷中・秋のメインイベントのひとつ

「芸工展2018」が1か月に亘って催されます。

https://www.facebook.com/geikoten/

 

今年の当工房のテーマは

「日本の工芸生地でつくる服」

〜日本の工芸生地をたのしもう〜 です。

 

 

お得意様へDMをお出ししました。

写真手前の反物は浜松の遠州綿紬。

 

昨年来DM.Sae (水野さえ子さん)の作品が大人気ですが、

工房では浜松から取り寄せた生地で

少しづつですが、オリジナルの服作りを進めています。

 

 

藍と柿渋の交織ダンガリーの備後絣は新作のワンピース。

草木染の絹糸をパッチワークのように織りこんだ

織工おきぬさんの新作ショールとあわせて。

 

 

藍と柿渋の交織ダンガリーの生地は一見紫っぽい

摩訶不思議な美しい色を見せてくれます。

 

 

縞柄が楽しい遠州綿紬のワンピース。

帽子とバッグは藍と柿渋染めの備後絣を

それぞれオリジナルで作っていただきました。

帽子(鈴木さやかさん)、バッグ(後藤文子さん)

 

 

西陣織の紋紗の手描き友禅染めはドレスに。

墨色と薄紫のぼかしが入った素敵な反物です。

倭工房さんの藍染めストールと驚くほど色彩が合いました。

 

 

葡萄色が秋を感じさせる遠州綿紬のワンピース、

同生地の帽子は鈴木さやかさんの新作です。

 

〜このようにご紹介している生地ですが、

今、この手仕事の技は着物離れと大量生産の
流れの中で日本各地から急速に姿を消しつつあります。

 

需要の減少とともに職人さんの高齢化、後継者不足により
続けたくても存続できず廃業される所が多いのが現状です。

 

そのような中でもいくつかの伝統的な産地は生き残りをかけて

新しい生産の試みにチャレンジし続けています。

 

工房ではこれら貴重な技術の存続を応援するべく、

本藍染めをはじめとする草木染、備後絣、遠州綿紬、大島紬などの

工芸生地にこだわり、私たちの日常に使える衣服作りを続けています。

 

どうぞこの芸工展散策のおついでに

日本の職人さんの手業を触れて、見てお楽しみ下さい。〜

 

 

 

| 工房 徳元(TOKUGEN)ショールーム | 00:31 | comments(0) | - |
2017 Special Weeks

今週は東京もまるで冷蔵庫に入っているように

寒く冷たい日が続いていますが・・。

 

そんな寒さをものともせず(^o^)/!

今年最後の催しのお知らせです。

 

 

 

今年もたくさんのお客様にご愛顧頂きまして

誠にありがとうございました。

 

恒例のSpecial Weeks。

全て手作り品のため数に限りがございますが、

感謝の気持ちを込めまして、

お買い得品を取り揃えて皆様のお越しを

お待ち申し上げております。

 

Part 1  2017 12/16(土) ~28(木)

Part 2  2018   1/3(水) ~ 14(日)

 

年内は28日まで、初売りは3日からとなります。

 

12月のショーウィンドウ。

パピアクリップの雪の結晶を飾りました。

 

 

雪の結晶が壁に映って揺れています。

 

スタッフ一同、皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

 

 

 

| 工房 徳元(TOKUGEN)ショールーム | 19:33 | comments(0) | - |
DM.Sae ディーエム・サエ 新作展示会

秋の催し「芸工展2017」も

残すところあと1週間となりました。

 

秋の長雨ではっきりしない天気が続き、

いつもより少し静かな10月の谷中でしたが

来月11月には晴れた秋空を期待したいですね!

 

当工房では来る11月3日(金)から12日(日)まで

はままつシャツ・遠州綿紬でおなじみの

DM.Sae ディーエム・サエ さんの新作展示会を催します。

 

綿紬のワンピース。後ろ姿にも可愛い工夫が。

 

「遠州綿紬」に代表されるはままつの織物を

地元在住の水野さえ子さん自らがデザインし、

縫製、販売まで手掛けるブランド「DM.Sae」。

 

昨年からメンズとレディースシャツ、

ユニークなデザインのワンピースなど、

少しづつですが置かせていただいて

徐々にファンが増えてきています。

 

綿紬メンズのコラージュシャツ。ここまで凝るのか!という程

手作りシャツならではの布使いがたのしい。

 

特にお得意様の間で人気なのが、

バルーンワンピースと立ち襟ワンピースで、

入荷まもなく完売!というような状態です。

 

海外のお客様にも人気です。バルーンワンピース。

 

その人気の理由は、

●遊び心のあるたのしいデザイン。

●作家自らの一点づつ手作りならではの工夫。

●遠州綿紬の素材の良さ

にあるのではないか?と思っています。

 

綿紬のはままつメンズシャツ。コラージュがお見事です!

 

今回はいつもの定番だけではなく

新作もご紹介できる会なので、

是非一度ご覧いただきたくご案内いたします。

 

尚、作品はどれも点数に限りがありますので、

お目当てがおありでしたら是非お早めに!

 

9月の打ち合わせ会にて、作家・水野さえ子さん。

 

また、11月3日、4日の両日は

作家水野さんご自身が浜松から駆けつけて下さいます。

ものづくりのご当人から直接伺えるお話など

またとないチャンスですので、

是非この機会にお越し下さいませ。

 

| 工房 徳元(TOKUGEN)ショールーム | 20:12 | comments(0) | - |
芸工展2017 天然染料と仲間たち

今年もまた「谷中芸工展」に参加させて頂きます。

 

 

芸工展は「町じゅうが展覧会場」をキーワードに

谷根千のお店やギャラリーやアーティストなどの個人が

それぞれ自由な場で、自由な表現活動を行い、

それを地域の方々と訪れた全ての人々と共有し、

楽しみを分かち合おう!という地域イベントです。

 

当工房 大茂隆文 藍染

 

当工房では長年参加させて頂いておりますが、

今年は「天然染料」をテーマに

藍染めを始めとする植物染料の種類やエピソードなどを

作品とミニパネルを通してお伝えしようと考えています。

 

倭工房さんのストール

 

目に映るこの色が果たしてどんな植物から得られるのか?

この色の持つ秘められた歴史や

植物染の効能はどんなものか?

など探求すると本当に奥が深い世界です。

 

桐生の本染工房さんのストール

 

工房に集う染織作家さんの作品に直接触れて

自然から与えられる豊かな色彩の世界を味わってみて下さい。

 

藍染の原料植物 蓼アイ

 

期間: 2017 10月7日(土)〜 22日(日)

場所: 「藍と絹のギャラリー」 店内 及び テラス

時間: 11:00 〜 18:00

定休: 月・火

 

芸工展2017 http://www.geikoten.net/

フェイスブックページ https://www.facebook.com/geikoten/

 

 

 

 

 

 

 

 

| 工房 徳元(TOKUGEN)ショールーム | 17:21 | comments(0) | - |
2017 Spring Selection 春の天然染色

桜の開花もあと1週間に。

上野、谷中の桜のつぼみも少しずつ膨らんできて、

あたり一面の桜色が待ち遠しいこの頃です。

 

 

お得意様に春の天然染色のDMをお出ししています。

 

高庄織物さんの桜染め。はんなりと優しいうす桜色。

 

今年はおなじみの「本染め工房」「谷喜和子」「織工おきぬ」に、

新たに染織工芸家・澤田倭文子さんの「倭工房(しずこうぼう)」と、

板締め絣で人気の入間の「高庄織物」さんの

「桜染」がラインナップに加わり、

桜の季節ならではの作品をお楽しみ頂けるようになりました。

 

倭工房さんの桜は開花前の上野公園の桜を

剪定した枝から抽出した染液で染められています。

本当に優しい自然の桜色です。

 

谷喜和子氏の友禅刷毛染め。染料はコチニール。

 

織工おきぬさんのオーガンジースカーフ、天然染料の多色使いが見事!

 

本染め工房さんのシルクストール。レモングラスを中心に2〜3種の重ね染。

 

倭工房さんの藍生葉染め、透明感のある美しい水色です。

 

天然染のコーナーは花が咲いたように。

春の装いのコーディネイトに花の色を添えられてはいかがですか?

 

 

 

| 工房 徳元(TOKUGEN)ショールーム | 16:50 | comments(0) | - |
たのしい巻もの展 2016谷中芸工展参加企画

10月に入り、ようやくお天気の日が続いてきて、

爽やかな秋の散策日和となりました。

谷中では「2016芸工展」が開催されています。

 

 

今日から折り返し、後半戦となりますが

連日、ガイドブックを片手にショップやギャラリーの

スタンプラリーを楽しんでいるお客様で賑わっています。

 

 

                谷 喜和子 / 天然染色・ハケ染め

 

当ショールームでは「たのしい巻きもの」展を催しています。

 

        織工おきぬ / 手織りショール

 

                織工おきぬ / ポシャギストール

 

急に気温が下がってきて、朝晩肌寒いですが、

こんな季節には首を温める「巻もの」

スカーフやショールが必需品です。

 

                本染工房 / 絹3重織りショール

 

                 工房 徳 元 / シルク・ウール

 

工房徳元とおつきあいさせて頂いている

作家さん、地方の工房さん、機場さんから

素敵な工芸作品が届いていいます。

 

       谷 喜和子 / 藍墨・ハケ染め

 

              たかしょう織物 / 桜・ユーカリ染め

 

今回だけ特別にお預かりしているものもありますので、

是非この機会に手に触れて、ご覧下さい!

 

              織工おきぬ / パッチシルク・ストール

 

 

 

 

 

| 工房 徳元(TOKUGEN)ショールーム | 17:48 | comments(0) | - |
「パピアクリップ」×「夏の帽子展」
「夏の帽子展」もうひとつの楽しい演出。



切り紙作家、吉浦亮子さんのペーパーアート
「パピアクリップ」の新作
「昆虫たちのモビール」を
帽子展のコーナーに飾ってもらいました。




「夏〜帽子〜昆虫」つながりです!(^o^)/



蝶や、トンボ、バッタに蝉、クワガタやカブトムシ・・・・
野原を駆け巡って夢中で虫を追いかけていた
懐かしいこどもの頃を思い出しませんか?




パピアクリップ最新刊の「昆虫の模様切り紙」



カッターひとつで、手切りの超絶技巧!すご〜い!(>0<)/
デザインも美しく洗練されています。
虫好きの方はもちろん、虫が苦手〜という方でも
かわいく、美しい昆虫のシルエットに心がなごむ一冊です!

 
| 工房 徳元(TOKUGEN)ショールーム | 17:42 | comments(0) | - |
「夏の帽子展」ありがとうございました。
Amber × TOKUGENの初めての企画展、昨日で無事終了しました!
お陰様でたくさんのお客様にご来店、お買上頂きましてありがとうございました。



明るく元気で、若いのにとても謙虚なママさん作家の鈴木さん。

一昨日の土曜日には作家の鈴木さや香さんが再度来廊下さり、
お客様と直にお話ししてオススメ下さったり、
ワイワイと賑やかにとても楽しい展示会となりました。



Amberオリジナルのココアブラウンのつば広帽。8000円


Amberオリジナルのキャップ。6900円

今回の帽子は全て一点ものの手作り、しかも
使用している生地は近江ちぢみの着物地や、
木綿の備後絣など、質の良い工芸生地が殆どなのですが、
販売価格は上限8000円ほどで、これには表地代は含まれていません。




これは、当工房が作製している洋服の余分を使っているからで、
まともに正反から生地値をカウントするとかなり高めの値段設定になると思います(^^);。
ですので、とってもお買い得!。




生地載せ替え、サイズオーダーなども
オーダー代なしで承っいて
まだこれから追加製作して頂く予定ですので、
是非、暑い夏の間に
お気に入りを一つお求めになられてはいかがでしょうか?
| 工房 徳元(TOKUGEN)ショールーム | 16:42 | comments(0) | - |
夏の帽子展のお知らせ
初夏の陽射しが感じられる季節になりました。
強い紫外線が気になる季節でもあります。
今年の夏予報、また「高め・猛暑」と出ていますが、
お願いですからほどほどに・・・(×0×);と、祈らざるをえません。



写真の帽子 下から近江ちぢみ(麻100% 7500円+税)
      中段 近江ちぢみ(麻100% 7500円+税)
      上段 近江ちぢみ(綿麻50% 8000円+税)

好評を頂いています帽子作家「鈴木さや香」さんとの、
初めての企画展が始まります。

作品は当工房の洋服に使用している綿、麻の工芸生地をあしらったオリジナルと、
鈴木さん主宰のブランド「Amber」の新作などです。
全て一点物の手作り帽子。
夏の外出の必需品ですが、
ちょっとおしゃれなお気に入りを被って行きませんか?



  場 所  藍と絹のギャラリー
 会 期  5月26日(木)〜6月5日(日)
 時 間  11:00〜18:00
 作家来訪日 5月26日(木) 6月4日(土)12:00〜16:00


会期終了後も夏の間は追加作品を随時補充して頂く予定です。
どうぞお楽しみに!
| 工房 徳元(TOKUGEN)ショールーム | 16:50 | comments(0) | - |
Spring Collection
今日は東日本大震災から丸5年目。
朝、報道されていた番組を観ていて
いまだ傷の癒えぬ大勢の人々が存在することを
忘れてはいけない、復興はまだ道なかば、の意を強くしました。

改めて震災で命を落とされた方々へのご冥福をお祈りすると共に
まだ傷の癒えない被災者の方々への
心身共の健康とお見舞いを申し上げたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

春の足音が近づいてきました。


谷中のお店にも、日本各地の機場や作家の方々から素敵な新作が
届いています。

春のお出かけにぴったりな備後絣コレクションなど
お気に入りのものを探しにどうぞお立ち寄りください。

お待ちしております。










 
| 工房 徳元(TOKUGEN)ショールーム | 12:50 | comments(0) | - |
Page: 1/2   >>